☆個々のページを開いてます。続けて読む時は「前頁にもどるかも・・・」でトップに戻るか左側ナビゲーションの「カテゴリー別」や右側の「タイトル一覧」からのーとを選んで下さい☆

一応〜

産科医の竹内正人です

今日、東京から着いたんですが、暖かですね

さて、自分で言うのも気がひけますが
温厚で、さわやか?と思われている節のある私です(笑)
ところが、妊婦さんと話していて、
ときどき、熱くなってしまうこともあって
それにはいくつかのパターンがあります

その一つが「一応(いちおう)」という言葉です

先日、私がいる東京の病院で、ある妊婦さんが
「先生、一応、クアトロ検査をしておこうと思うんですが・・・」
と話されました
クアトロ検査とは、赤ちゃんが主にダウン症である
確率がどのくらいかを推測する検査です

私は
「あなた、この検査は一応する検査ではないかもしれないですよ」
と言いました
「でも、一応、私も35歳なので・・」

その検査自体、必ずしも悪いと思うわけでもないし、
妊婦さんの気持ちもわからないでもないけど
何かそこで語りたくなってしまう私がでてきてしまう


一応をとって、
「私はやりたい」と話してくれればいいと思うんだけどな