☆個々のページを開いてます。続けて読む時は「前頁にもどるかも・・・」でトップに戻るか左側ナビゲーションの「カテゴリー別」や右側の「タイトル一覧」からのーとを選んで下さい☆

笑顔

こんにちは、コッコです。
みなさんは先日のニュースで「笑顔の夜空」を見ましたか??
金星と木星と月が近づき、夜の空に笑っているような顔を描いていました。

数年に一度、金星・木星・月が近づくそうですが、このように顔のように見えることは大変珍しいようです。
そして、3日間のうち、顔に見えたのは12月1日だけだということです。

公転周期の違いから起こるそうで、
地球の1年はもちろん365日、
金星は225日で木星は4380日なんだそうです。
数字でみると不思議な感じがしますね。

北海道でも見れたのでしょうか?
どうやら高度20度以下と低かったため、住宅街など普段いるところでは難しいそうです。

今回は見られなかったけれど、またこのような珍しい空が見られる日があるようです^^

2036年12月6日の午後5時頃だそうです。
28年後ですね・・・。

とても遠い話ですが、今の子どもたちが大人になり、親になり、家族で笑顔の空を見上げて笑っていてほしいなと思いました。